Divaの不思議な世界観

Diva@Greenのブログです。 長いのでGreen(ミドリ)で結構です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

円周の求め方。

やり方とかそういうのは置いといて、プログラミングが機械的なものだということが分かれば今後理解しやすいと思う。


#include

int main(void)
{
    int d,r;
    float ensyu,pai=3.14;

    d=2;
    r=d/2;
    ensyu=2.0*pai*r;
    printf("円周=%.1f \n",ensyu);

    return 0;
}


まぁ答えは6.3です。
int(整数型)の変数(入れ物)d、rを用意する。
float(実数型)の変数ensyu、paiを用意する。
各変数に数値を代入。
printf()関数(ディスプレイへの出力命令)で""内に出力形式、,はさんで出力する変数です。
このとき、変換指定子(%.1fとか書いてあるやつ)というのを使います。
%fというのは最初に宣言したfloat(小数を求められる)の略です。
.1というのは小数1の位まで求めるということです。.2なら2の位までってことですね。
return 0;、これは最初のうちはとりあえず書いておいてください。


で、円周を求めるのにこんなものをいちいち書いていられないのでこれを実行ファイル(exe)にまとめるわけですね。
みんなが使うようなアプリケーションです。


#include

int main(void)
{
    int d,r;
    float ensyu,pai=3.14;

    printf("直径を入力してね。(整数のみ対応)\n\n");
    printf("ここに入力→");
    scanf("%d", &d);
    r=d/2;
    ensyu=2.0*pai*r;
    printf("円周=%.1f \n",ensyu);
    fflush(stdin);/* 本来の使い方ではない。答えを表示し続けるため一時停止させている。 */
    getchar(); /* 〃 */

    return 0;
}

ちょっと記述を書き換えて入力できる形にしました。
scanf()関数(データを入力するときの命令)を使います。


それをコンパイルしたもの→円周計算機


今回やっているのはものすごく初歩。
初歩中の初歩だけど、こんな感じなのかぁと思っていただけたら嬉しいかなぁ。
こういうものの応用で画像を表示したり、音楽を鳴らしたり、ゲームにしたり……
みたいな感じです。

もうこんな時間だ。
おやすみなさいませ。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/30(木) 03:19:25|
  2. プログラミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

情報技術検定に向けてC言語の復習。

教えるように覚えるのが一番だ!
ということでこの機会に皆さんも覚えちゃってください。


とりあえずコンパイラを入手しましょう。
初心者用→学習用C言語開発環境 Ver 0.0.8.1

コンパイラとは人間の打ち込んだプログラムをコンピュータが読み込めるように翻訳するソフトと考えてください。


とりあえず起動したらファイル>新規プロジェクト。

4128418541698

はじめから何か記入されているね。
チンプンカンプンだね。

さぁ説明だ。
1行目の#include
説明すると面倒なので勝手な解釈で分かりやすく書きます。
これは命令が書かれた説明書(stdio.h)を使うぜ!って意味です。←これを宣言という。

3行目~。
int main(void)
{
printf("Hello,world\n");
  return 0;
}

こんな感じです。
型名 関数名(引数){処理}
C言語のはじめはmain関数を書きます。これはもう覚えてください。
型名はまだintでいいです。(void)も同じく。とりあえず今は置いておくということで。

大事なのは{処理}です。
この中にプログラムを書き込みます。
「printf」、「プリントエフ」と読みます。
これは続けて書いた("")内の文字等を画面上に表示させる命令(関数)です。
なのでprintf("ロックマン\n");と書けば画面上にロックマンと書かれるわけです。
(\nは改行です。htmlだと
だね。)

return 0;も気にしないでください。
詳しくはもっと後で。
あとは忘れずに}で閉じましょう。

流れをまとめると、stdio.hという説明書を読みこんで、その説明書からptintfという画面に内容を表示するやり方を教えてもらい実行する。
このプログラムはこんな感じです。


相も変わらず説明下手だなぁ。
まぁ画面に文字を映すってプログラムです。
  1. 2010/12/28(火) 02:30:37|
  2. プログラミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前記事の続き。

変数のおさらいなう。 続きを読む
  1. 2010/06/05(土) 13:24:49|
  2. プログラミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2,3カ月ぶり…

もう覚えてない。
初めからやり直していこう。

45948641847

戻り過ぎだろッ!!


まあ普通に成功。
全然感動もしないな。

/47*/74687/*
  1. 2010/06/05(土) 11:38:15|
  2. プログラミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。